2017年05月05日

リンゴの開花

DSC09913c.jpg
        ” リンゴ・アルプス乙女の開花(5月5日)17時頃 ”

 我が家の庭には、3種類のリンゴの木がある。野菜作りをするほど広くない庭なので果樹を植えている。実がなる楽しみもある。昨年は、二つ実をつけたが、お世辞にも食べられたという代物ではなかった。リンゴは、異なる種類を植えないと実が付きにくいといわれて、「アルプス乙女」「フジ」「つがる姫」の3種類がある。2種類は4年目を迎えるが、南会津のリンゴ園の3年物と比較すると極めて成長が遅い。「落葉させないようにしないと成長が遅いよ、それに土壌だね」と云われた。愛情をたっぷり注いでいるのだが、それでは成長の足しにはならないらしい。
 「アルプス乙女」は沢山の花をつけた。「つがる姫」は、5つほどだ。開花したら、手作業で受粉をして結実に期待しようと思う。実を期待する他に花の可憐さが好きである。
posted by はらっち at 19:57| Comment(2) | TrackBack(0) |
この記事へのコメント
果樹は良いですね。
花の後の収穫の楽しみがあります。
埼玉にいた時はブルーベリーを植えていました。
こちらでは猿を呼び込むので無理です。。。残念!
Posted by そらり at 2017年05月06日 15:55
そらりさん

昨年まで、桃の木があたんですが、管理が難しくて、可哀想ですが
切り倒しました。リンゴが豊作になりましたら、おすそ分けを期待してください。
でもいつになりますか(笑い)
Posted by はらっち at 2017年05月06日 18:26
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/179655349
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック