2017年05月28日

「栃木」に日の目?

5.27.jpg

 バスケットボールBリーグが発足し、昨日決勝戦が行われ「栃木ブレックス」が初代チャンピオンになった。栃木県民、バスケットボールファンの一人として嬉しい限り。Bリーグが発足するまで国内には二つのリーグがあり、国際競技団体より警告を受け、オリンピック予選にも参戦できない暗雲が立ち込めていた。この改革に着手したのが、Jリーグの発足に貢献された川渕氏。
 川渕氏は、Jリーグ設立の時も、企業名の冠を外すことに某新聞社主宰W氏の抵抗を払いのけて、地域密着型の方式を取り入れ成功しているが、Bリーグも同様のポリシーを取り入れた。
 高校野球、高校サッカー、高校駅伝、アイスホッケーなど全国的に知られているが、Jリーグは三部に降格して陽の目を見ていない。
 高校スポーツでは、学校名は広く知られているところだが、「栃木県」としては、全国的に知名度が極めて低く、最下位に近いところでうろうろとしているらしい。今回の「Bリーグ優勝」で「栃木」の知名度がどれほど上がっただろうか。次回の調査結果が気になるところだ。
posted by はらっち at 14:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/179879444
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック