2017年06月20日

普段無縁の高級新茶を頂く

DSC00016c.jpg
     ” 増田園本店の新茶とお茶羊羹(6月21日)”

 最近、妻がお茶にはまっている。若い頃は珈琲派だった。「歳をとるとお茶が美味しくなるわ、お義母さんのお茶好きがやっと判ったような気がする」とお茶派に変身している。熱めのお茶が好きと言っているので「湯飲み茶わんに取っ手がなくて、珈琲カップに取っ手がある理由を知っている?」と質問すると首をかしげている。「湯飲み茶わんは、そのまま取り上げても良い温度でお茶を入れる、からだよ」というと、「へ〜」と十分に納得していないようだ。
 今日、高級新茶が届いた。まだ飲んでいないが包装を見ると明らかに手が込んでいる。北ベトナム旅行でご一緒した狭山茶製造元の増田園本店のM田さんからのプレゼントだ。「本物の新茶が飲みたいですね」と冗談半分に投げかけたことを覚えて頂いていたようだ。
 さて、この新茶の本当の美味しさをいただけるか、妻は、悩むに違いない。
posted by はらっち at 13:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/180105624
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック