2017年07月14日

3Dフィギュアが届く

7.14.jpg

 昨日、待ちに待った「3Dフィギュア」が届いた。以前、テレビで紹介されていて興味を持っていたのだが、先日状況したおり「ムトウフィギュアワールド」を訪れて製作をお願いしていた。
 最近は、3D撮影により商品サンプルから大型の商品まで製作が出来るようだが、「フィギュアワールド」は、顔写真を撮影して、用意されているフィギュアに自分の顔を作りこむ。といったところだ。大きさは、S,M,Lとあり、Mサイズをお願いした。高さは7p位だ。どのようなものが出来るか、試験的に作ったというのが正しい。Mサイズで5000円。
 製作に踏み切った経緯がある。先日、都庁の知事室に小池都知事のフィギュアが映し出された。出来栄えも良く期待して出かけたのだが、全身のフィギュアは出来なかった。全身のフィギュアは、撮影装置は商品展示はあるが、フィギュア製作の希望には沿っていないとのこと。止む無く、顔写真で製作するおもちゃのようなものに落ち着いた。
 それでも、実物が届き自分の顔に似ていると思わず吹き出してしまう。私の身分では銅像は期待出来ないので、せめてフィギュアで故人を偲んで欲しいとう目論見だ。全身のフィギュアは高価らしい。懐具合と相談して製作場所を探したいと思っている。
posted by はらっち at 17:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/180340884
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック