2017年07月27日

定期診察時の院長との会話

DSC00168c.jpg
         " 病院待合室より (7月27日8時頃)”

 薬漬けの日々を過ごすようになって4年ほど経過する。最近は、90日分の薬を貰えるようになっている。今日はMRIの検査のあと、2時間ほど待たされた。最近は、主治医が移動してから院長先生が診察をしてくれるようになった。
 「最近、調子は如何ですか」「お陰様で順調です、でもちょっと体調が変化すると気に病みますね」と。
その後、血液検査のデータとモニターに映し出されるMRI画像を見ている。「3年前の画像と比較してみましょう。う〜ん少し変化しているね」「ちゃんと水を飲んでる?」「結構飲んでいるつもりなんですけどカロリーの取りすぎかもしれません」「平均寿命は、男子80歳、それ位までは頑張らないとね」「えっ、先生頑張っても目標は80歳位ですか、ま〜第一目標が東京オリンピックを観ることですから、良いですけどね」と。小柄で温和な語り口の院長先生は、いつも話し易い。最後に、「写真が旧くなっているから、代えて欲しいな」と要求を忘れていない。これは、通路に展示されている色褪せたどなたかの4枚の写真を指している。半日仕事の診察になってしまった。
posted by はらっち at 22:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/180469437
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック