2017年12月21日

スターウォーズ・エピソード8(ラスト・ジュダイ)を観る

IMG.jpg
      ” パンフレットより借用 ”

 久しぶりに「フォーラム那須塩原」へ行った。お目当ての映画は「スターウォーズ」。3D、吹き替え版、字幕版とあるが、字幕版を選択。9時からの上映。昨晩、ネットでチケットを購入、座席をベスト位置で予約しておいた。スクリー2は最も大きな映写室、しかし30名余と少なかった。
 「スターウォーズ」は思い出深いプログラムの一つである。1977年12月、カナダ・アメリカ出張の時にニュージャージの映画館で観た。ロングラン上映という人気作品だった。同行してくれた駐在員のM氏は、日本人出張者と数回訪れたようで「何回観ても楽しいですよ」といっていたが被害者だ。もう40年前の思い出になる。今では当たり前になったシネコンのゆったりした座席・大型スクリーンが既にあった。今回の作品に初回作品で人気を博したレイア姫とルークが登場している。レイア姫役の「キャリー・フィッシャー」さんは、昨年の12月に銀河の星の一つになってしまったが、存命中に撮影されていたようだ。
 これから続編が数回続くと映画通のM氏は読む。SF映画でCGを駆使されていることは言うまでもないが、ヒューマンチックな部分も多くみられる。娯楽映画として好きなプログラムの一つである。
 
posted by はらっち at 18:12| Comment(4) | TrackBack(0) | 映画
この記事へのコメント
この映画だけは、はらっちさんより先に見る事が出来ました。
N.Jの映画館で見てから、ちょうど40年にもなるのですね。
レイア、ルークと同じだけ年を取ったと言う事で、
スクリーンの二人を見ると、何か同士に近いものを感じます。

私が見たのは、2D、字幕版でしたが、映像の品位は最悪でした。
モヤがかかったような、しゃきっとしない画で、
ストレスを感じながらの映画鑑賞でした。
最新の映画は、都会の最新設備の映画館で見ないと、
ダメだなぁ!!
と、思い知らされました。

Posted by タケチャン at 2017年12月22日 10:13
タケチャン

40年前のお互い若かりし頃の思い出です。バッテリーパークに
2度連れて行って頂き、風邪を引かせてしまいましたっす。(笑い)
自宅でレベルの高い映像環境と比較してはいけませんよ。
日本で最も優秀な映画館は、有楽町のマリオンの日劇1とか。
何回か見ていますが、座り心地の良いシートは判りますが。
上京して確認してくださいな。
Posted by はらっち at 2017年12月22日 15:49
今年最後のお買い物として、
「ダンケルク」「インターステラー」の4K盤をゲットしました。
「ダンケルク」は、スチールケース仕様をポチリ、
勇気と、勢いが無くばポチレない価格でした。

出てくる画は、素晴らしいもので、チョイ見のつもりが、
通してみてしまいました。

映画って、本当に良いものです。
Posted by タケチャン at 2017年12月23日 10:26
タケチャンへ

相変わらず映画界に貢献していますね。(笑い)
今年も楽しませて頂きました。4Kまでは無理ですけど、
私のレベルで楽しみたいと思います。
Posted by はらっち at 2017年12月31日 20:11
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/181904116
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック