2018年01月04日

セロジネが咲き始めた

DSC02781c.jpg
      " セロジネ(1月4日)”

 洋ランの中で育てやすい品種の一つとして知られている。我が家でも、春から初冬まで紅葉の枝に吊るしてほったらかしにしているが、元気で大株になっている。洋ランの大家、故江尻光一氏の花としても知られている。私の知識では、ネパール当たりで盛んと聞いていたが、亜熱帯の地区が本場らしい。着生ランなので木々に張り付いて空気中の湿度で育つ。我が家のセロジネは、愛情が乏しいらしく花数は、株全体を覆うほどではない。10年ほど前に頂いたもので、初夏には株分けをして来シーズンの花数を増やしたいと思っている。忘れなければ良いのだが。 
posted by はらっち at 21:13| Comment(0) | TrackBack(0) |
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/182038807
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック