2018年01月19日

「四季の那須フォトコンテスト」第15回グランプリ作品

1.秋たけなわ2.JPG
        ” 第15回グランプリ作品(青木繁雄氏)”

 地元紙「下野新聞」に、第15回の審査結果の記事が掲載された、と関係者のFBで知った。12月半ばに審査は終了し少し時間が経過したが、興味深く記事を読んだ。
 グランプリ作品は、地元芦野在住の青木氏、那須岳(茶臼岳)の山肌の紅葉を撮影したもの。このアングルは多くの人が狙う。プリントの仕上がりとモニターで見る違いはあるが、この配色を目にしたことがない。応募作品を並べた時に最初に目に入った。審査員の並木プロが、手にした時内心「やった」とほくそ笑んだ。2月14日に表彰式が行われ、その翌日から那須町庁舎のロビーを皮切りに、町内各所で展示される。又、連休前には東京六本木の「フジフォトサロントサロン」でも予定されている。那須町の紅葉と写真の素晴らしさを観て頂きたいと思う。
posted by はらっち at 08:57| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
下野新聞に掲載されていました。 昨年の紅葉ならば 過去を含めて5本の指に入るほど綺麗だったそうですので。
那須岳の写真でグランプリを!は、地元として嬉しいです。 里のほうにも良い場所はあるのでしょうが やはり那須は那須連山があっての那須でしょ。
Posted by 那須美 at 2018年01月19日 09:15
那須美さん

 下野新聞、ご覧になられましたか。毎年、那須連山の写真は多く応募されます。
今回のグランプリは、私も初めて見る配色ですね。
最近大分ご無沙汰しているので、状況が変わったのでしょうかね。
今年は、是非行かなければなりませんね。
那須美さんは、店先から連山をご覧頂けるので羨ましいです。
Posted by はらっち at 2018年01月19日 19:50
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/182182411
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック