2018年02月10日

那須電気鉄道の軌跡

DSC03136c.jpg
  ” 小島付近の鉄道軌跡(2月9日)”

 第一次大戦後、那須町黒田原から那須湯本まで鉄道を敷設する夢の計画があった。「那須電気鉄道」という。大正9年にさかのぼる。総延長9マイル(14.4q)。資料をみると可愛らしい軽便鉄道車両だ。最終的には資金難で実現されなかったが、鉄道ファンとしては誠に残念な思い。
 町内にはところどころ、その施設が残っている。その一つが4号線の小島交差点近くの橋梁後だ。小さく見落としがちだが、凝縮された夢の跡である。
posted by はらっち at 18:29| Comment(2) | TrackBack(0) | 那須情報
この記事へのコメント
これは全く知りませんでした。 他所から来られた方の方が那須に詳しい 特にTさんの知識には脱帽なんです。那須生まれでも 知らないことが多くて恥ずかしくなります。 
Posted by 那須美 at 2018年02月12日 23:04
那須美さん

軽便鉄道の件は、「那須温泉史」に詳しく解説されてますね。
これが実現していたら、那須湯本の歴史は変わったのでは。
最近も、軽便鉄道の再計画が誠しやかに、ある筋で話題になっていました。

Posted by はらっち at 2018年02月13日 07:17
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/182383445
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック