2018年02月13日

黒田原郷土銘菓「だっぱら」

DSC03170c.jpg
   ” だっぱら(2月13日)”

 最近は、血糖値への影響を考えて甘いものを控えているが、「これは明日の分」として食べ過ぎている。那須町商工会へ行った序に久しぶりに「なかむらや志水」へ立ち寄った。ここは間口が狭い田舎らしい菓子店。餅類を主に和菓子が並んでいるが、その中でお気に入りが「だっぱら」まんじゅう。大きな声では云い難いが、日持ちするものの作り立てが美味しい。今日は作り立てに遭遇したようだ。
 カタログには「 製品内容、 白餡の中に国産栗甘露煮が1粒丸ごと入っており、生地には麦焦がし粉(ハッタイ粉)という希少国産大麦を炒って挽いた粉を使用し、その中に那須町産「美米米」(うまいべい)を米粉として使用した事によりサクサク感増して今まで以上に美味しいだっぱらになりました」とある。
 地元の人は黒田原を「だっぱら」という人が多い。以前は当たり前のように使われていたのだろう。そこから黒田原の郷土銘菓として「だっぱら」と商品名を付けたようだ。日本茶、紅茶に合う。素朴な地元銘菓、好きなお菓子の一つである。
posted by はらっち at 14:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 那須情報
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/182404766
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック