2018年02月21日

Phragが咲く

DSC03229c.jpg
  ” Phrag Rosy Charm(2月21日)”

 以前は、Phragに凝っていた。パフィオペディルムの親戚みたいなもので、小ぶりで色合いが良いことが好きな理由だ。その後、パフィオペディルム系がどんどん姿を消して、室内温室はカトレア系に代わっていった。こちらの方が育てやすいような気がしている。今回のPhragは、19日に購入したもの。蕾だったが、急に開花した。ペダル(花弁)の大きさ8p。は想像していた色なので満足している。来シーズン同じように開花できるように育てたいと思うが、さて結果は如何に。
posted by はらっち at 18:33| Comment(2) | TrackBack(0) |
この記事へのコメント
毎日毎日が氷点下の寒さ 花の写真はHOTします。綺麗なピンクのカトレアですね。毎年咲かせるのは大変なのでしょうか。
我が家のグリーンは衝動買いした蘭系 いつも可哀想な結果になってしまうので  水だけの管理で良い安全なサボテンとかオリヅルとかです。 
Posted by 那須美 at 2018年02月22日 09:51
那須美さん

植物は、育った環境に合わせることが育成のポイントと良いんすね。
最近は実生のもの交配種も多く、生まれと育った環境が異なる品種が多いですが
温度、水やりですね。このPhragは、私には向いていないようで
良く枯らします。今回はどうでしょうかね。乞うご期待です。
Posted by はらっち at 2018年02月23日 09:04
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/182473697
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック