2018年02月27日

にわか会計士確定申告への取り組み

page2.27.jpg

 年金生活者と云えども過剰納税は、還付して頂かなくては、と意気込んで毎年確定申告をしている。一昨年前までは、市販のアプリを使って入力していたが、税制改正と謳ってバージョンアップの費用が掛かり、昨年から「国税庁の確定申告作成コーナー」を利用している。e-taxを利用すれば、書面の持参も必要ないようだが、カードを作るのが面倒で、書類提出を選択。還付欄にどれほどの金額が表示されるか気が気ではないが、それなりの表示に破顔。近々に持参。我が家の財務大臣は、どれほどにわか会計士に還付してくれるか気になる。
posted by はらっち at 19:02| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
こっそりと申告して ボーナスに! って訳にはいかないのでしょうね。 

私は いまだに紙申告で今時分は雪隠詰めの毎日です。 
Posted by 那須美 at 2018年02月28日 15:23
那須美さん

財務大臣兼会計士兼税理士そして金庫番を兼ねていれば、那須美さん、
権力絶大ですね。(笑い)
Posted by はらっち at 2018年02月28日 17:40
毎年、私も国税庁の確定申告書作成コーナーを利用してて作成し、印刷して持参しています。
今年は、いざ作成しようと帳票を準備していると厚労省からの『公的年金の源泉徴収票』が届いていないのに気づき年金機構に電話で確認、1月中旬に送付済みとの話し、本当に送ってくれたのか不信を感じながら再送付を依頼し、作成しましたが、例年より還付額が少なく、調べると配偶者控除の申告漏れ。 
今年の申告はすんなりと行きませんでしたが、春のボーナスは有難いですね。 でも、同様にこっそりと自分のものに出来ないのが・・・。
Posted by 千代光会A at 2018年03月01日 05:14
千代光会Åさんへ

 いつも還付欄を見てホットします。(笑い)
しかし、自分が支払った分が戻ってくるだけですから諸手を上げて喜べませんよね。
戻った金額で、ささやかにサーロインステーキを要求したいと思っています。
Posted by はらっち at 2018年03月01日 08:17
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/182535048
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック