2018年03月15日

遊行柳は刈上げ

DSC03391c.jpg
   ” 遊行柳 (3月15日10時頃)”

 那須町内の名所旧跡の一つに「遊行柳」がある。松尾芭蕉が奥の細道行脚の時に訪れた個所でもある。名前の通り柳が美しく、新緑時には特に見映えがする。年が明けて間もなく遊行柳が剪定されたとの話を聞き、気になっていた。今日、フォトコンテストの作品展示に遊行庵を訪れた序に、観に行った。と言っても遊行庵からも十分に確認できるのだが、撮影するのに近寄ったと云った方が正しい。ひどい姿に樹形を変えた。経緯は、大きくなった柳と桜の木が、周りの田んぼに影を落とし、青虫などが落下して被害を与えているとの所有者からの届けに、その対策要望に応えたとのこと。剪定に100万円の費用を要したらしい。遊行柳の場所は狭く、多くの観光客に踏み固められて木々には過酷な環境と言える。周囲を広くして田んぼへの被害を少なくし木々にも優しい環境つくりも解決策の一つと思うが、田んぼは手放さないという。名所旧跡も周囲の理解がないと存続することも危ない。寂しい話である。 
 
posted by はらっち at 21:29| Comment(2) | TrackBack(0) | 那須情報
この記事へのコメント
選定に100万ですか〜? 
毛虫嫌いな人なら飛びあがるような大きな緑の毛虫だった記憶です。
以前 芦野の県道沿いに植えられていた柳に大きな毛虫が付き 通学する子供達が怖がったとかで全部伐採されました。 また街路樹は柳になっていますけど また同じ緑の毛虫落ちるだろうと気になっています。 別に街路樹までは柳にしなくても良いと思うのですが。
Posted by 那須美 at 2018年03月16日 00:39
那須美さん


 私も毛虫は嫌いですね。自然豊かな地域、ビル街と一緒の環境は如何なものかと。
街路樹の環境、近代兵器殺虫剤がありますから、それに予算を使ってもらいますか(笑い)
Posted by はらっち at 2018年03月16日 08:01
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/182697326
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック