2018年04月26日

かしま灘楽習熟訪問記

DSC03599c.jpg
  ” 鹿島神宮 (4月26日14時頃)”

 強風・大雨の中を茨城県鹿嶋市に車を走らせた。友愛の森集合早朝7時、那須シニアカレッジ5名の役員で「かしま灘楽習塾」を訪問するのが目的である。10時を少し回った頃に「鹿嶋市まちづくり市民センター」に到着。塾長と事務長が玄関で迎えて頂いた。この市民センターが「かしま灘楽習塾」の本拠地。以前は、短期大学らしく多くの部屋数と各種施設を持っている。一通り塾長にご案内を頂いた。施設の充実に羨望。
 今回の訪問は、「那須シニアカレッジ」に事務室を設置するために、情報収集を兼ねている。
「かしま灘楽習塾」が使用する施設は無料で、ランニングコストとして月3000円程度の電気代が掛かるという。又、14期を迎えるのは「那須シニアカレッジ」とよく似ているが、受講生は1500人在籍。人口比率からすれば、約3%、我々は約1.3%。14年前に発足する時は、100万円の補助金があり備品の購入に充てたとのこと。「生涯学習は、高齢化対応の重点施策、市で運営すると多額の費用が掛かるので、施設の提供は当然のこと」と市担当者は胸を張って強調される。この点は那須町とは考え方に大きな差がある。「皆さんが来ていただくより、那須町の行政の方が、鹿嶋市の施策・取り組みを勉強に来られては」と冗談めかして言われる。
 午後になると雨も上がり、歓談しながら昼食を頂き、その後鹿島神宮をご案内頂き参拝し、帰路についた。参考になるというより規模の違い環境の違いに愕然とした訪問だった。
posted by はらっち at 21:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/183088221
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック