2018年04月30日

我が家の愛犬はお疲れ気味

DSC03525c.jpg

 我が家の愛犬ミミーは、9月の誕生日で13歳になる。今は、昔と違って小型犬は長命と聞く。人間の年齢の5倍とも6倍とも云われる加齢のスピードだが、熟女の域に達していることは間違いない。これまで、大病らしきものは患っていないが、先日、午後急に下痢嘔吐をして、翌日、終日マイベットから起きてこなかった。人間と違って「痛い」とも言わないので打つ手がない。
 かかりつけの動物病院へ連れて行くと、「一度血液検査をしておきましょう」と云われて、「えっ、犬の血液検査?」と思ったが、今では当たり前らしい。血液検査のデータを説明されたが、これといって悪い病気ではないらしく、抗生物質の注射をされて帰宅。すると注射の効果なのだろう、元気を取り戻した。今では、我が家の家族の一員同然、元気な時は良いのだが、元気がないとやきもきさせてくれる。
posted by はらっち at 22:32| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
お久しぶり、 ミミー様ちょっとバテ気味の表情? カリフォルニア大学デービス校で獣医学を学ぶ孫娘の言うことに、(笑) 愛犬家さんは犬の顔色犬語が解るらしく、犬の体調の悪さを説明するそうです(笑) はらっちの溺愛ぶりはカメラアングルで想像出来ます 幸せなワンコですね。
Posted by 富佐代 at 2018年05月01日 18:55
富佐代さん

こちらこそご無沙汰です。又、長期にアメリカ滞在ですか?
デービス校で獣医学を勉強とは、すごい。加計学園に留学させますか(笑い)
愛犬は、子供みたいで手間が掛かります。まあ〜生き物なのでね。
どちらが長生きするか競っています。
Posted by はらっち at 2018年05月01日 19:03
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/183120991
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック