2018年06月03日

わが家のリンゴは成長過程

page.jpg
   ”上:つがる姫 下・アルプス乙女(6月3日)”

 庭の片隅にあるリンゴ2種、果実は少しづつ大きくなっている。つがる姫の収穫は早く9月初めが標準らしい。現在、果実の大きさは2cmくらいだ。9個ほどなっているが果たして落果せずに期待に応えてくれる数は幾つだろうか。アルプス乙女は、小粒で沢山結実している。
 花類に限らず木々類は、葉を落とさないことが木の成長を促し、結実も良くなるとのこと。葉には多くの虫がつき、葉を食い尽くす。殺虫剤を掛けたいところだがそれも儘ならず、ピンセットでつまんで駆除している。手が届く範囲は良いのだが、生長と共に手が届かなく成るのは明らか。対策を講じなくては。

 
posted by はらっち at 22:30| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
リンゴは 毛虫付きませんか? 我が家はスモモにアブラムシが沢山〜! 低い枝はクルクル丸まった葉を広げてアブラムシ潰してますけど 高い枝は諦め状態。 益虫の七つ星テントウムシ捜しては張り付かせているのですが。
Posted by 那須美 at 2018年06月03日 23:40
那須美さん

 緑色の虫が沢山つきますね。毛が無いので毛虫というのかどうか分かりませんが。
昨日は、30匹ほど摘まみましたよ。
上の写真で、つがる姫の葉っぱの一部が食べられた跡がありますね。
アブラムシは、バラですね。こちらは殺虫剤です。
Posted by はらっち at 2018年06月04日 07:10
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/183416126
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック