2018年06月07日

期待外れの蕎麦屋

DSC03748c.jpg
  ” もりそば大盛(6月2日)”

 那須町内には、蕎麦屋は数えきれないほどある。先日、「ぽつんと一軒家」のテレビ番組のような山中にポツンとある蕎麦屋へ行った。この店は、10年くらい前だろうか、気になって出掛けた時は、うどんのような太さで愕然としてそれからは足が遠のいた。
 先月、講師陣と久しぶりに訪れた時は、ごく細の10割蕎麦で良い面での期待外れで再び訪れたという訳である。丁度昼時、私一人。もりそば600円、リーズナブルな料金、大盛にして750円也。蕎麦に箸を入れて愕然、10割かもしれないが2〜3p長さ、これではスプーンが必要だ。蕎麦の香りもない、つけ汁も好みではない、これでは、客足が遠のきますよ、と一言忠告をしたい思いに駆られたが、次の機会は無いだろうと口をつぐんだ。店の佇まい、店内の雰囲気は好きなだけに残念でたまらない。 
posted by はらっち at 18:47| Comment(2) | TrackBack(0) | 気になる店
この記事へのコメント
それはガッカリでしたね〜期待されて行ったのに。
我が家も お蕎麦やうどん出していますが とりあえずお腹が膨らめば良いという観光客の方が殆どなので。 
私も食べに何回か・・・会津の蕎麦街道 安くて美味しいですよね! 
Posted by 那須美 at 2018年06月07日 21:10
那須美さん

 車を走らせって行ったのですがね。帰り道、2台の車とすれ違いました。
お口に合えばよいのですが。
リンドウ茶屋さんは、女将の愛情が注がれているでしょうから
美味しくないわけはないでしょう。(ヨイショ・(笑)) 
Posted by はらっち at 2018年06月07日 23:15
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/183455926
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック