2018年06月14日

南会津ぼ観音沼と日暮の滝へ

DSC04623c.jpg
 ” 観音沼(6月14日11時頃、快晴)”

 梅雨の合間というよりカラ梅雨と云いたいほどの快晴。写真仲間のお二人と、道の駅下郷で待ち合わせて観音沼、日暮の滝、三倉山湿原へ出掛けた。観音沼を一周したが、むせかけるような深緑だが花らしきものは見当たらなかった。沼は毎年訪れるたびに、土砂が堆積して趣を壊している。自然現象ともいえるが、震災前までは、浚渫(しゅんせつ)が行われていたが、今は手が付けられていない。聞くところによると復興予算で浚渫費用まで回らないという。一周しても、出会った人はお二人だけという寂しさだった。時期的なこともあるのだろうか。観音沼から4q程細い山道を走らせると、道路駐車場から日暮の滝の一部分が見える。細い急こう配の道を降りて、滝の近くへ。木が覆い茂って滝の姿も十分に観ることが出来ない。それでも、講座用のサンプル写真を撮影した。道路は、もっと上まで続いているのだが、今は通行止め。土砂崩れらしい。
 
posted by はらっち at 21:36| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
日暮滝 熊出そう!
今年は大峠に行く林道 大規模崩落で来月予定の開山式も中止との事ですよ。 
ニッコウキスゲ見たい人は那須から行かないと。
Posted by 那須美 at 2018年06月15日 23:34
那須美さん

 熊脅しの鈴を付けても逆効果、との説もありますよね。
遭遇した時は、諦めます。シニアの身体は美味しくありませんから
見逃してくれるでしょう。(笑い)
 日暮の滝から奥は、通行止めでした。それでも車が4台駐車、
あそこから歩いて行かれたのでしょうね。凄いの一言。
Posted by はらっち at 2018年06月16日 08:27
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/183544234
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック