2018年08月25日

冷蔵庫運搬の費用は高価

GUM11_CL15092.jpg

 「冷蔵庫新しくするんだけど、今使っている奴使わない?」と次男からの電話。購入して3年、家族が増えて使い勝手が悪くなったらしい。「新しいっていつ購入したの」と妻が問いかける、「今年で3年目」とぶっきらぼうな返事。我が家の冷蔵庫も年代物になってきて、買い替えようかという話題が最近あった。まだ、延長保証期間無いということもあり、今使っているものと置き換えることにした。
 しかし、さてどの様にして運ぶか悩みになった。レンタカーを借りて、運ぶという手を考えたが、80s近くの重さでは、荷台への積み下ろし、デッキへ上げることも考えると、難しそうという判断になり、業者を探した。
 大手の宅配業者へ連絡すると「家財運搬サービス」なるものがあるという。大きさと重さで料金が異なるようだ。10700円という。どの様に運んでくれるのか聞いてみると、次男宅へ取りに行き、宇都宮の集荷センターへ戻り、翌日、我が家への配達となるという。思わず気の短さが出てしまった。「次男宅から我が家まで8q、何でそのような無駄なことをするの、そのまま運んだら費用削減になるでしょう」と。係りの女性は、上司と相談して回答しますと、時間を置いた。1時間ほどして電話があり、「ご希望に沿って配達させて頂きます」という。「ご希望でもないだろう」と一言言おうとしたが、堪えた。
 昨日冷蔵庫が届いた。現在設置の冷蔵庫を搬出するのに3000円掛かるという。10mくらい移動するのに何たること、自分で移動することにした。何のことはない。冷蔵庫の下部には滑車が付いていて、転がし移動が出来るのだ。 これから、古い冷蔵庫の後始末編を続編として書こうと思う。
posted by はらっち at 22:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184259855
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック