2018年08月27日

粗大ごみ処分の費用

IMG.jpg

 次男から譲り受けた3年物の冷蔵庫、我が家の年代物と代代わりすることになった。今まで活躍してくれた冷蔵庫はお払い箱に。何回かの手術を施しているので、全くの健康優良児とは言えないが、それでも今は元気に過ごしていただけに忍びない。
 郵便局へ出掛けてリサイクル券をを購入、4500円と手数料150円也。続いて「クリーンステーション那須」へ連絡し引き取りの手続きを取る。引き取り費用1500円也。「係員は屋内に入りませんので、屋外の引き取り易い場所へ出しておいてください」との依頼付き。ベランダまで引きずり出した。確かにこれだけの費用が掛かると、空き地に放置する族(ヤカラ)が、現れてくるのだろう。それにしても、屋内に入れないというのも判らないではないが、高齢者には難儀な事である。誰か立会人が要れば対応できるような方策も必要ではないだろうか。我が家の元気な冷蔵庫はリユースされることなくスクラップになると思うと寂しい。
posted by はらっち at 22:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 那須の田舎暮らし情報
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184276680
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック