2018年08月30日

「ログコテージ茶臼の森」へ立ち寄る

DSC01978c.jpg
 ” 敷地内コテージの一つ(8月29日)”

 白河の画材店「夢工房」へ行った帰り道、68号線沿いにある「ログコテージ茶臼の森」に久しぶりに立ち寄った。午前中だったので客を送り出した後の忙しい時間帯のはずだが、オーナーご夫妻は元気な姿を見せてくれた。いつ来ても、ゆったりとした時間が流れる環境だ。敷地内には小川も流れて、春にはカタクリの群生が見事だ。都会の子供達には、普段お目に掛かれない自然に歓声を上げている光景が想像できる。
 いつもの拘りの珈琲を振舞っていただく。シニアカレッジ、写真、経営状態など広範囲は話題だが最後は健康の話に落ち着く。10月には手術を控えているという。元気な姿で想像できないが、我々の世代になるとどこか部品の劣化が現れてくる。「これも皆な通る道だね」と笑い話にあなる。愛犬は、昨年長命の16歳で天に召されたが、今は、子猫が足元で愛くるしい姿を見せていた。いつもの自然に溢れた茶臼の森だ。
posted by はらっち at 19:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 気になる店
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184298876
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック