2018年09月15日

国営ひたち海浜公園へ行く

page.jpg
 
 世界的にも花の公園として知られている「国営ひたち海浜公園」、最も有名なのが4〜5月に咲く「ネモヒラ」の群生、一面ライトブルーに染められる。その公園を訪れてみた。翌日、仲間達と日立でゴルフが予定されていて、その機会を利用した。我が家からは、大田原・大子を経由し約120q、2時間半の行程。
 この時期は、花の数も少なく来園者少ないようだ。「ネモヒラ」の時期の大渋滞は想像が出来ない。駐車料金は510円、入園料はシニア扱いで210円、園内周遊のシーサイドトレインは、1日周遊券で500円、滞在時間も約2時間程で、「草原エリア」と「みはらしエリア」へ。この時期は、「コキア」が丘一面を覆っていた。緑コキアというらしいが、「赤コキア」に変色するには、後20日位は掛かるらしい。
 古民家前には、ジニア(百日草)が満開だった。混雑覚悟で「ネモヒラ」の時期に再訪したい気持ちに駆られている。
posted by はらっち at 08:58| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
こんにちは!
ほうき草が色着くのはもう少し先でしょうか!?
ひたち海浜公園と那珂湊で魚の買出しが定番
でしたが ここのところご無沙汰です、
ほうき草の丘に カップルが 良い一枚ですね!
Posted by Yちゃん at 2018年09月16日 08:55
Yちゃんへ

 魚の買い出しですか、良いですね。
確かに宿の食事も美味しかったです。那須ですと、
太平洋に行くのと日本海へ行くのと余り時間は変わらないような気がします。
ほうき草は、今月末から赤くなると仰っていました。
「ネモヒラ」の時にも行きたいですね。
Posted by はらっち at 2018年09月16日 19:49
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184427854
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック