2018年09月30日

フォトキナ開催時期が変わるらしい

CGN_main.jpg
 ” ケルン大聖堂を見る ”

「2018フォトキナ」が閉幕した。世界には大きなカメラショウが三つある。日本のCP+とアメリカのPMAとこのドイツケルンメッセで開催される「フォトキナ」である。それぞれ展示会の内容が少し異なるが、カメラの展示会が主体であることに変わりはない。「フォトキナ」だけが、隔年に開催されているが、入場者数も日本の約7万人弱に比べて、20万人弱と規模が異なる。今は4日間だが、当時は確か6日間だったと思う。1980年に初めて出張で出掛けた。会場が広く3日間掛けてやっと見ることが出来た記憶がある。中日に、「息抜きを許す」と上司から嬉しい言葉を頂き、友人と列車でマインツまで行きライン下りをした。何と寝坊してケルン出発時間が遅くなり、マインツで各駅停車の船に乗れず、急行の船に乗った。ローレライもあっという間に通り過ぎた。笑えない話である。
 このフォトキナが来年から毎年開催、それも5月開催に変更されるとニュースに載っていた。さて、日本の各メーカーも戦略、商品開発に悩まされそうだ。それと、出張者にはビール祭り「オクトーバー・フェスト」に立ち寄る楽しみも無くなりモチベーションが下がるのではないだろうか。気になるニュースだ。 
posted by はらっち at 18:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184558521
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック