2018年10月20日

那須高原には馴染まないメガソーラ

IMG.jpg
 ”那須御用邸下メガソーラ建設中止を求める会のチラシより”

 再生可能エネルギーとしてソーラパネルによる発電が脚光を浴びている。この設置には、我々の電気代からも補填されている。至る所に建設が進み昨今、那須高原内にも数多く見られるようになった。空き地利用なら文句も言わないのだが、森林伐採を伴うと代償が大きすぎて首を傾げざるを得ない。「那須町は自然豊かな資源が財産、無秩序に開発が進むのは如何なものか」と以前、町の環境委員会で発言したところ、副町長の答弁は「国の施策なので遺憾ともし難い」と一蹴された。
 最近、那須御用邸下、那須国際ゴルフクラブに隣接して37haというとてつもないメガソーラ開発計画が浮き彫りにされた。外資系ファンドによる開発と聞く。森林保有者には、森林は伐採に多額の費用が掛かり、資産価値としては低く、メガソーラ開発などは現金収入が安定して入り、飛びつくと聞く。
 この開発を阻止しようと「那須御用邸下メガソーラ建設中止を求める会」が発足した。これをうねりとして那須町に秩序ある環境維持が出来るか、非常に興味深い。
posted by はらっち at 22:32| Comment(3) | TrackBack(0) | 那須情報
この記事へのコメント
おはようございます、
数年前に 山梨県の北杜市でもソーラー発電が
問題になって 現在は 行政が規制をしている
ようです、 しかし 設置された物は撤去できず
住民は困り果てているようです、
那須も早く行政が動かないと大変な事になるかと
思います、
Posted by Yちゃん at 2018年10月22日 09:53
Yさんへ

 幹線道路沿いにもメガソーラが幾つも目立つようになりました。
那須町人口の半分以上が移住者になりました。
殆どの移住者は那須の自然豊かな環境に魅了されて住まいを変えたと思います。
住環境の破壊は、那須の魅力を損なってゆきますね。
一方で定住化促進を取り組んでいます。やるべきことを見失っています。
残念です。
Posted by はらっち at 2018年10月22日 18:23
那須御用邸のすぐ近くですね! 那須町の資源保護の取り組みがあまりにも軽視で皇室もあきれ果て 御用邸閉鎖って事になるかも。
でも 日光の田母沢御用邸記念館にようになれば観光客はどっと・・・。
Posted by 那須美 at 2018年10月23日 08:14
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184731446
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック