2018年11月08日

OB会旅行は金沢へ

page.jpg
 ” 兼六園 (11月8日11時ごろ快晴)”

 OB会三地区(関西、中部、関東)合同の懇親旅行は、快晴に恵まれて汗ばむ陽気だ。三地区合同は、3回目だが、8年ぶりになる。関西、中部地区は貸し切りバスを仕立ててて参加。我々関東地区は、北陸新幹線を利用して参加。途中で関西地区のバスに分乗する。久しぶりの再会に笑顔、破顔。「あいつ誰だっけ」と耳打ちする姿が無い訳では無い。一乗寺朝倉氏遺跡、福井県立恐竜博物館を見て山代温泉の宿泊旅館へ。参加者100名弱で旅館を貸し切る。O場会長の開会の挨拶で宴会が始まる。参加者の宴席は自由。2時間半はあっという間に過ぎ、中締め前に社歌を合唱、何十年ぶりかだが、歌えるものだと我ながら感心。
 翌日は、ひがし茶屋街を散策し兼六園へ。雪吊りの作業中でもあるが、大半を終わっている。園内は欧米外国人の姿が見につく。雪吊りの光景は雪の季節に来たいものだ。公園近くで昼食をとり金沢駅へ。金沢駅は、鼓門が人気で知られている。広場は記念撮影で人が絶えない。北陸新幹線はくたかで大宮経由で帰路に着いた。「同じ釜の飯を喰った仲間」昔話は尽きない。後期高齢者が大半を占める年齢構成になっているらしく、この状況では4年後の開催は難しいかもしれない。久しぶりに旧交を温めることが出来た。
posted by はらっち at 21:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184895599
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック