2018年11月26日

19回目のぼっちゃん会は東京へ

page.jpg

 昨日、「ぼっちゃん会」の懇親旅行で東京へ。前回の女川旅行からお誘い頂き、今回が2回目の参加である。朝7時に役場前出発、一路東京は六義園(りくぎえん)へ。シニア世代の集まりは小まめにトイレ休憩を挟むのが定番。それらを見越しての日程となっているようだ。天候に恵まれて、6時半自宅出発時の0度が嘘のような温かさ。六義園の後は、神宮外苑の銀杏紅葉鑑賞。予想通り銀杏を楽しむより雑踏に苦しめられるようなもの。銀杏並木の先は絵画館前広場、今はヤクルトスワローズの練習場になっているが、20代の頃は、仲間達との草野球を楽しむ場所だった。妻とのデートコースでもあった。懐かしい。其の後、築地の場外へ。ここで昼食を取ることに。「ここのラーメンが美味しいの」というバスガイドさんの一言に、ラーメン派と海鮮派に分かれる。外国人がやたらと目につく。この場外も、新橋演舞場隣に東京支社があった時、昼食に足を延ばしていたところだ。集合時間まで時間に余裕がるので築地本願寺へ。其の後スカイツリーへ。スカイツリーも何回か足を運んでいる。450mの展望台まで上がる。下りのエレベーターは30分待ちということで、その上に上がらず1階のバス駐車場へ。「こんなに混んだスカイツリーは初めてです」とバスガイドも戸惑いを隠さない。16時スカイツリーを後に帰路へ。
DSC05802ac.jpg
  ”首都高速道路千住大橋付近の車窓(11月25日16時半頃)”

 首都高速を走っていると夕陽が落ちて行った。富士山の姿を目にする。さて、これからはお約束のカラオケタイム。世話役の事務局町議会議員のHさんも盛り上げようと意気盛ん。今回は、町のイベントとも重なり参加者が少なく26名、女性が15名、男性が11名。移住者は私一人くらいだろうか。殆どが地元の農家の方が多いようだ。稲刈りの農繁期も終えてホットしているのだろう。それにしても楽しい車内、言葉でいうのも憚る大人の替え歌をご婦人が歌っている。大盛り上がりだ。皆さんが受け入れている姿を観て、地域の絆の強さを垣間見たようにも思う。バスガイド自称「吉永小百合」さんも栃木弁でガイドをする。又、冗談も途切れない。楽しいバス旅は、19時役場前にて修了。来年、20回目の開催を約束して解散となる。
posted by はらっち at 19:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185076308
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック