2018年12月08日

成田空港行き新ルート

honkon.gif
  ” 新ルートマップ ”

 那須高原での田舎暮らしの難点の一つに成田空港、羽田空港へのアクセスの不便さがある。頻繁に利用す訳でも無いので我慢の範囲とも言えなくもないが。
 これまで成田空港へ行く時は、東北道、首都高速、京葉道から空港道を利用していた。このルートの欠点は、首都高の渋滞が読めないことで、どうしても余分に時間を計算する必要があった。その後東京外環道が繋がり、走行距離は短くなったが、川口から三郷までの渋滞の不安には変わりがない。
 宇都宮から成田行きのリムジンバスを利用した時、真岡から北関東道、常磐道、一般道、京葉道、空港道を走り2時間で到着し驚いた。その後、圏央道も繋がりさらに便利になった。ナビでは、矢板ICで下りて、一般道を走る真岡ICで北関東道に入るルートを紹介している。確かに総走行距離は30kmほど短くなるが、一般道は読めないので回避した。
 今回は北関東道、圏央道のルートを利用した。総走行距離230km、2時間半、スムースの到着。愛車は、半自動運転設定、設定速度で勝手に道なりに走行してくれる。以前より、空港が近くなったようで有難い。
posted by はらっち at 22:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外旅行
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185167762
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック