2018年12月21日

迫りくる那須高原の冬

DSC06257c.jpg
  ” 我が家付近から茶臼岳を望む(12月21日昼)”

 例年、11月 ̄12月初めにかけて、わずかな積雪があるのだが今年はそれが無い。といっても暖冬かといえば、この時期の寒さに変わりがない。薪ストーブは、既に活躍しているし、愛車も冬タイヤに履き替えて万全の構えである。12月になると那須連山からの吹き下ろしが強くなる。台風並みの時も少なくない。別荘地区内や木々に囲まれたお宅では、轟音に悩まされると聞く。
 那須連山を望めるお宅では、眺めが良い分風当りも良く、「こんなはずではなかった」とぼやく声を聞くが、我が家の山側には道路を挟んでI邸があり、風除けになっている。それでも強風は避けられない。今日は、陽射しも良く那須連山がはっきりと見える。望遠レンズで圧縮効果を狙って茶臼岳をスナップした。我が家からは、15q離れている。これから更に山肌を白く染めるはずだ。
 
posted by はらっち at 12:04| Comment(2) | TrackBack(0) | 那須情報
この記事へのコメント
まるで すぐ裏に茶臼があるようですね〜! 我が家の二階から見るよりはるかに大きい。
Posted by 那須美 at 2018年12月21日 14:53
那須美さん

那須美邸を頭越しにスンマセン。(笑い)
Posted by はらっち at 2018年12月22日 08:50
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185234051
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック