2019年01月17日

今日の鹿の湯

page.jpg
  ” 鹿の湯光景色いろ(1月17日15時頃)”

 黒田原へ行った帰りに足を延ばして湯本まで車を走らせた。この時期は、那須街道には車の姿が少ない。ロイヤルロード21号線ステンドグラス美術館付近から、残雪が目立つようになった。年末の雪が融けないのだろう。殺生石から鹿の湯に回った。いつも満杯の駐車場にも空きスペースが見える。最近、鹿の湯を利用することは皆無になった。いつも混雑し芋を洗うような状態では、ゆっくりと温泉気分を味わえない。
 鹿の湯は源泉で、「鹿の湯」と名付けられたのは638年と云われている。全国で32番と古く栃木県では日光や塩原を抑えて第1位だ。鹿の湯から樋で源泉を分湯場へ引き、そこから各施設が引き湯している。現在はどれくらいか知らないが20本くらい(20か所の旅館等)だろうか。泉質は、硫黄泉で独特の匂いがするが、これが「温泉に入った」という実感が大きい.2〜3日この匂いから解放されないので、勤め人には気になるところだ。私が温泉を利用する場合は、鹿の湯を引き湯している日帰り温泉旅館の2〜3か所だ。1〜2月の極寒時期は、温泉の有難さが身に染みる季節だ。
posted by はらっち at 17:23| Comment(4) | TrackBack(0) | 那須情報
この記事へのコメント
鹿の湯ですか・・もう何年も入ってません。最後に入ったのは那須検定で頂いた無料券を使ってです。 湯本の人は鹿の湯には殆ど入らないと思います。
鹿の湯の分湯 公然ですが一般家庭で引き湯しているお宅が数軒ありますよ〜昔から権利があるからだそうで 旅館廃業で 後に新規に始まりたい事業者には温泉権利問題で お湯分けないのに変ですよね。これでは那須温泉が消滅していき 鹿の湯だけ残る仕組みでしょ!
Posted by 那須美 at 2019年01月18日 08:24
那須美さん

 地元の方は、混雑した鹿の湯に行かなくとも選択肢は沢山ありますからね。
一般のご家庭でも引き湯されているところがあるんですね。
それは贅沢だな〜。以前は、滝の湯を利用させて頂いていましたが
知人が他界して、それ以降はその恩恵も無くなりました。残念
 権利の消滅、第三者への譲渡が無いのはどのような訳でしょうか。
Posted by はらっち at 2019年01月18日 15:04
まだ私は若い(?)のでよく判りませんが 利権を手放したく無いという事でしょうか。 
廃業した旅館が沢山あるので源泉売った方が那須発展のためにも良いと思いますが。 
ところで鹿の湯源泉は国有地から沸いているってご存じでしたか?(笑) 
Posted by 那須美 at 2019年01月18日 15:51
那須美さん

鹿の湯の源泉は確か湯川内にあると思いますから、河川法で国の所有になるのではないですかね。
鹿の湯(株)と源泉の利権が判りませんね。勉さんに教えて頂かねば。(笑い)
Posted by はらっち at 2019年01月19日 14:52
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185395039
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック