2019年03月02日

新幹線のある景色

DSC06534c.jpg
 ” 那須町内を走るハヤブサ(3月1日10時ごろ)”

 那須町内には、在来線と新幹線が横切っている。車窓からは那須連山が見えているはずだ。「撮鉄」ではないので鉄道写真に拘りは無いが、何とか那須連山を背景にした鉄道のある写真を撮ってみたいと思っている。しかし、那須ののどかさを表現できるような光景を見つけられない。2〜4両編成の在来線が走る光景があっていると思うのだが、那須連山を背景にするアングルが見つけられていない。今風に言えば、写真家の中井精也氏風のフレーミングだが。新幹線になると防音壁が設置されて半分姿を隠しているのも興ざめだ。
 昨日、文化センターへ行った帰り回り道して小島経由で帰宅途中に、那須連山の冠雪が綺麗で新幹線を待って狙い撃ちした。「撮鉄」の気持ちが少し解かったような気がした。
posted by はらっち at 08:06| Comment(2) | TrackBack(0) | 那須情報
この記事へのコメント
下り新幹線がトンネルに入る所の 4号バイパスで正面からの車体狙っている撮鉄さん見かけたことあります。ワイヤネットが所々めくられているようです。
良い写真撮りたいのは判りますけどね!
ところで 新幹線には数えるほどしか乗っていない私。 当分の夢は北海道までの日帰りでカニを食べることです。
Posted by 那須美 at 2019年03月05日 00:20
那須美さん

 在来線でも町内に結構、撮鉄さんに人気の場所があるようですよ。
私は、撮鉄でもないし「鉄道のある風景」が好きな程度ですね。
若かりし頃、会社が終わってから、大阪へ出張という機会が多く、飛び乗りでした。
その当時は今ほど本数も多くなく、自由席も座れないことがありました。
私のアタッシュケースは、腰掛兼用でした。今でも使用しています。
 北海道でなくても、大間のまぐろを食べに日帰りでもヨカンベな。(笑い)
Posted by はらっち at 2019年03月05日 16:45
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185645163
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック