2019年03月12日

「アリータ:バトル・エンジェル」を観る

a053d69a-b7fc-467d-b633-5a1a64218db3.jpg
  ” ポスターから拝借 ”

 大田原で用事を済ませて「フォーラム那須塩原」へ向かった。映画館に到着すると見たい映画の「グリーンブック」の上映まで時間があり過ぎて、「アリータ:バトル・エンジェル」を代わりに観てしまった。監督は、あのアバターで知られる「ジェームズ・キャメロン」だ。原作は、日本初の伝説SFコミック「銃夢(ガンム)」で実写とCGIの混合。
 「アリータ」と云えば、以前汚職事件で世の中を騒がせたチリの女性とは無縁だ。何故「アリータ」なのかと苦笑してしまう。ストーリーは、地球と火星連邦共和国間で繰り広げられた没落戦争から300年後の空中都市「ザレム」と地上都市「アイアンシティ」が舞台。サイボーグ少女アリータが主役だが、戦いの中にヒューマニティーも盛り込まれている。この漫画を読んだことはないが、エピローグを観ると連載物らしい。次回の展開が待たれる。
posted by はらっち at 18:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185700374
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック