2019年04月14日

キクザキイチゲが咲き始めた

DSC07017c.jpg
" キクザキイチゲ(4月14日10時頃曇り)”

 昨朝の霜が降りた陽気と違って比較的暖かな朝を迎えている。草木も芽を出し始めた。その中で、イチゲが咲き始めた。1週間前にはアズマイチゲがショウジョウバカマに並んで咲き始めたが、今朝はキクザキイチゲが一揆に開き始めた。アズマイチゲとキクザキイチゲを隣り合わせで植えたのだが、アズマイチゲの方が繁殖力が強いらしく縄張りを広めて、アズマイチゲが片隅に追いやられ始めている。アズマイチゲは、茎丈は10〜20pと高いが、キクザキイチゲは5〜10p低い。花弁の大きさは1〜2p位だ。可憐な花が庭先を紫色に染めている。
posted by はらっち at 10:48| Comment(2) | TrackBack(0) |
この記事へのコメント
我が家にはアズマイチゲが勝手に生えています・・この辺りの土手には普通にありますね!
 キクザキイチゲは画像でしか見たことありませんが 最初はミヤコワスレかと思うほどでした。 綺麗な紫 このような花と山の中で出会えたら素敵ですね。
Posted by 那須美 at 2019年04月14日 20:53
那須美さん

 確かに、アズマイチゲは、いろりな所で見かけますね。我が家でも、植えたつもりが無いのに咲いていますね。
 小深堀の近くにイチリンソウが道端に群生していたのですが、最近、一輪も見えなくなりました。
盗掘?それとも環境の変化?でしょうかね。
Posted by はらっち at 2019年04月15日 11:48
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185858289
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック