2019年06月26日

那須温泉診療所見川醫院

page.jpg
 ” 新緑に包まれた見川医院(6月26日)”

 那須湯本地区に「見川医院」はある。湯本温泉神社(ゆぜんじんじゃ)参道前を左折して坂道を登ると程なく目に入る。新緑に包まれてひっそりとした佇まいは、病院というより、醫院、診療所の名前がその姿を的確に表しているように思う。個人的には、この医院にお世話になった事はないが、開業した「見川鯛山(本名見川泰山)」の作家としての馴染みがある。
 見川醫院は、栃木県生まれの鯛山氏が現昭和大学医学部を卒業後無医村だった那須湯本に開業した。開業後は、医者という職業柄、個人情報を知り尽くしていることが、医者と作家の狭間で苦しんだようだ。
 秋になると、醫院を包むモミジが色づき、古民家風の佇まいとなる。湯本を訪れると診療して頂く訳でないが、寄り道してしまう。

 

 
posted by はらっち at 18:09| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
故見川先生は我が家のホームドクターです・・と云うより那須温泉に住む者全員のホームドクターでしたよ。 今の診療所は樵小屋という温泉旅館で 以前の診療所は雲海閣さんの向い側に有りました。躰が弱かった私はよく往診して頂いてました。
Posted by 那須美 at 2019年06月27日 13:04
那須美さん

 入院施設の部屋を画像で見ると、病院らしくないな、と感じてました。旅館でしたか。雲海閣の向かいでしたか。今は空き家? 今度行った時に確認します。
 往診ですか、懐かしい言葉です。
Posted by はらっち at 2019年06月27日 17:56
追: 元の診療所は既に無くなって 一般の方の住宅になっています。 故見川先生も現在の診療所で診察されていましたし私も成人してから現在の診療所に行きました。
 因みに私の父方・母方の両祖母は見川先生に看取られて自宅の布団の上で臨終を迎えています。現在では病院が殆どですよね。
実家の祖母の生前の願いは自宅で私の父に手に握って貰って亡くなる事でした。見川先生に叶えて頂きました。
Posted by 那須美 at 2019年06月28日 23:53
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186193367
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック