2019年07月30日

嬉しい来客

GUM05_CL05056.jpg

 東京から車を走らせて若い家族が立ち寄ってくれた。今日は、那須高原らしくなく蒸し暑い。ここ10年壊れたエアコンは、飾り物になっていて役立たずだ。扇風機を奮闘させて何とか涼しさを作り出そうと躍起になった。若い家族は、現役時代に同じ会社で働いていたS嬢とそのご家族。リタイヤ―して間もなく、S嬢は再就職活動の合間をぬって、我が家に滞在し店を手伝ってくれていた。「あの美しい女性は、はらっちさんの何なのよ」と詮索されて一時良い気分を味わった。
 その後再就職先で職場結婚をされて一男を授かった。そのご子息も2年生という。ご主人は弁護士となると「玉の輿だね」というと「一豊の妻をめとれたのよ」と意に介さない。10数年ぶりの我が家は、愛犬が増え庭もそれなりに整ってきた。「大分様相が変わったわ」と懐かしく見回している。ご子息はサッカーに夢中らしく国内海外の有名選手の名前を連ねて話が尽きない。その話を見つめるS夫人は、母のまなざしそのものだ。若い頃の思い出が鮮明だけに、その変化に新鮮な驚きを隠しきれない。それは、妻も同じ思いらしい。映画で飼育していたライオンがジャングルに解き放され、その後、子供を連れて現れるシーンを彷彿させる。梅雨も明けてくれたようだ。楽しい思い出を描いて帰宅して欲しいと願う。
posted by はらっち at 22:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186349080
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック