2019年08月09日

北見市の「フイルムカメラギャラリー」開館

DSC02799c.jpg
 ”北海道開拓村の馬車鉄道(2016年9月11日)”

 北見市でカメラ修理店を営んでいる「北カメラサービス」のオーナーから、久しぶりに電話を頂いた。案の定いつものようにほろ酔い加減だ。「今度ねカメラギャラリー造ったのよ」と唐突な話。「何ですか、それ?」と切り返す。奥方の実家の一部を改装して「フイルムカメラギャラリー」にしたとのこと。それもフイルムカメラだけで1600台展示しているらしい。「8月1日のNHKのおはよう日本で紹介してくれるんだわ、観てよ」この番組は観たことが無いが、早朝4時頃からの放映で、何時頃かは判らないという。「録画してみるから大丈夫」と返事して、後日それを観た。確かに所狭しと展示されて、現役時代に勤めていたメーカーのカメラも並んでいる。
 「北カメラサービス」オーナーとの親交も永い。1970年初め、全国に点在する修理店に認定をする制度を設けた。それまでは独自にサービス技術を習得していたが、カメラの技術革新で技術習得にサポートが必須になってきた。新製品が発売されて1年経過後カメラの技術習得のための講習会を全国で開催した。「北カメラサービス」オーナーとはそれ以来、仕事を離れての親交で、プライベートの旅行を含めて何回か訪れている。オーナーの誕生日が「写真の日」というのも何かの縁なのだろう。
 秋の北海道の撮影も捨て難い。撮影を兼ねて「フイルムカメラギャラリー」を訪れたいと思っている。
 
posted by はらっち at 20:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186391207
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック