2019年10月03日

粋な酔芙蓉

page.jpg
 ” 朝方の酔芙蓉と夕刻の酔芙蓉(10月1日)”

 ケヤキの足元に2m近くの丈に大きな花を付け始めた酔芙蓉。鉢物で15年前に横浜から移住してきて庭に下ろすと元気すぎるほど大きく成長した。酔芙蓉の名前の由来だが、朝方白花を開くと夕刻に向けて徐々に赤く色を染めて行く。その姿が酒に酔って顔色を染めて行く様子に似ていることから来ている。深酒して下段の画像の様に赤ら顔は興ざめだが、ピンク色は何とも言えない色合いだ。今年は、虫も殆どつかず綺麗な姿をしている。今夜の雨で、明日の朝は表情を変えてしまうだろうか。
posted by はらっち at 18:01| Comment(0) | TrackBack(0) |
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186641800
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック