2019年11月05日

粗大ごみを「クリーンステーション那須」へ運ぶ

DSC08517c.jpg
 ” 愛車に詰め込んだ粗大ごみ(11月4日)”

 以前から気になっていた使用していない「スチール製のベット」と「洋ラン用温室」の2点、部屋が空いていることを良いことに、「そのうち使うだろう」と安易な判断で保管。最近、その部屋を画像処理の部屋専用にしようと気持ちが傾いてきた。処分するなら多少なりとも売ることが出来ればこれ幸いと思っていたが、その考えは甘く、最後の手段で粗大ごみになった。「粗大ごみが2点あるのですが、取りに来ていただくと幾ら掛かりますか?」と「那須町のクリーンステーション」へ問い合わせをした。「2点で4000円です」との回答に「持ち込むと幾らですか」と再度と問いかけると「10sで150円です」と希望の持てる回答。早速に分解できる範囲で細かくした。温室だけはどうしても分解できない。今の愛車はSUVといってもトランクルームが狭い。何とか押し込んでクリーンステーションへ持参。いつものことだが、クリーンステーションの係員は、笑顔でテキパキと対応してくれて気持ちが良い。計量機に車ごと乗って計測、60s900円也。産廃品を出した後ろめたさを感じつつ帰路へ。途中、「ぐーちょきパン屋」さんへ立ち寄り、Uさんと談笑。「どちらからの帰りですか?」の問いに、2点の粗大ごみを運んだ帰りというと、「えっ、温室欲しかったのに」と思わる話に。もっと周囲に声を掛けるなど努力すべきと反省と後悔。
posted by はらっち at 18:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186770730
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック