2019年11月08日

エメラルドブルーの「おしらじの滝」へ

DSC08884ac.jpg
 ” おしらじの滝(11月8日12時頃)”

 那須塩原の山中を蛇行する県道56号線沿いに「まぼろしの滝」とも云われる「おしらじの滝」がある。住所は、矢板市下伊佐野だ。Uさんの紹介で撮影に行く。まぼろしの滝とは、存在があまり知られていなかったこと、水量が少ないと滝にならないこともその理由らしい。先日、知人が撮影に訪れた時は、滝は無く滝つぼの色も輝いていなかったようだ。
 我が家からは、塩原温泉を廻って県道56号線を走ること約20km、駐車場に辿り着く。既に7台の車が停車していた。駐車場より「おしらずの滝入口」の標識を山中に分け入る。非常に歩き辛い山道を約10分位下ると滝の音が耳に入り、人影が見えてきた。スマフォ撮影も多いが、カメラ持参の人が多いことも、撮影場所として認知されていることが分かる。水量も多く周囲の紅葉もまぶしい。時々差し込む日差しに滝つぼがエメラルドブルーに耀く。見物場所の足場は良くないので三脚を立てるのも厄介だ。帰りは、息も絶え絶えの上り坂。新緑の時期に再訪しよう。
posted by はらっち at 20:34| Comment(2) | TrackBack(0) | 那須情報
この記事へのコメント
この滝 以前は一部の人しか知られなかった幻の滝だったそうで 流れたり止まったり。
その一部の方の一人が言うには滝の上はすり鉢状の窪みになって水が溜まっているそうです。 
矢板市で宣伝したので大勢の一般観光客が押し寄せるようになって 以前から密かに愉しんでいた人は もう行かないと言ってました。
・・・ゴミとか心配ですね。 
Posted by 那須美 at 2019年11月10日 00:20
那須美さん

 確かに水源は、十分でなさそうですね。時々、滝の落ちないのが想像できます。
駐車場は立派で、観光地として取り上げているのが判りますが、矢板市より、
那須塩原市の方へお金が落ちそうですけどね。
結構きつい坂なので、高齢者が再訪するには覚悟をしなければいけないかと。
Posted by はらっち at 2019年11月10日 10:36
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186781819
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック