2019年12月06日

庭のケヤキを伐採

page.jpg
 ” 上;伐採さ行 下:最後の切り株 (12月6日)”

 14年前に庭造りをした時に植えたケヤキが大きくなり過ぎた。当然とも云えるが知識が無さ過ぎた。ゆうに10m以上の高さになった。「庭にケヤキの大木」夢の風景だったのだが、夢と現実に開きがあり過ぎたようだ。落葉樹なので夏の日よけに、半日陰の山野草用の環境作りが大きな目的だった。
 受講生O夫人のご主人が、高所作業者を保有しログハウスを建築する専門家、暇を見て伐採してくれるようにお願いしていた。高所作業車を使わない木の伐採は、自分でも可能なのだが、こればかりはお願いする羽目になった。
 「今日の午後どうですか」とLINEでの連絡があった。作業が始まると流石に手際が良い。チェンソーの軽い切削音もやはり異なる。3時間ほどで切り株になった。切り株の直径は50p、14年で大木になった。
 玉切りに近くカットして頂いたが、枝の処分が大変だ。すっかり、ベランダからの風景が変わってしまった。
posted by はらっち at 18:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186888103
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック