2019年12月15日

牧歌的な那須高原の風景

DSC09065c.jpg
  ” 小深堀付近の風景(12月15日15時頃)”

 昨朝の最低気温は−4度、今朝も寒かった。それだけに空気が乾燥して澄み切っている。昨日、茶臼の森のオーナーを訪ねた帰りに、久しぶりに小深堀の様子を見に回り道をした。今の時期は、すっかり冬模様で寂しい。その一角に牧草が青々した場所がある。廃業したペンション跡が寂しく、以前より建物の色も褪せている。放置されてメンテナンスが行き届ないのが原因だろう。北海道の美瑛を思わせるようなこの場所が好きである。
posted by はらっち at 17:19| Comment(2) | TrackBack(0) | 那須情報
この記事へのコメント
このペンション出来なければ良かったのにと思いましたよ〜。皆さん那須岳が見える場所狙うから 次々と景色が変わってきてます!!
オープンして間もなくビアガーデンも始まると聞いて一度は行かなくちゃと思っているうちに閉鎖。
ロケーションも最高の場所 建てちゃったのだから廃屋にならないように誰か再開して欲しいです。
Posted by 那須美 at 2019年12月15日 22:04
那須美さん

 私が移住してきた時は、既にありましたね。
この建物が無ければ、落葉樹が植わってればいれば、絵に写真になりましたね。
道に近いところにカフェ?らしきものがありますが、営業しているのか良く分かりませんね。
Posted by はらっち at 2019年12月16日 10:37
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186921917
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック