2019年12月29日

大木の根を切る

DSC09089c.jpg
  ” ケヤキの根(12月29日15時頃)”

 年の瀬といっても王掃除に明け暮れることも無い。毎日が日曜日で、いつでもやろうと思えばいつでもその時間はある。先日、切り倒したケヤキの後始末に追われている。太い木は、チェンソーで素早く玉切り出来るが、枝は中途半端な太さで手に負えない。「切り倒した木の枝が沢山あるのですが、持ち込みは可能ですかね」と那須町のクリーンステーションに問い合わせると、「50p位の長さに揃えて持ち込んでください。10s100円です」と、こちらの希望する答えとは違った。已まなく持ち込むかどうかは別として、ストーブに入る50p以下に切っている。気の遠くなるような量にうんざりする。
 その切り倒したケヤキの大木だが、早く枯れて欲しいと願い、幹に穴をあけて除草剤を注入するなどしているが、相変わらず元気だ。敵も必死回復しようと試みているに違いない。根を確認してみた。四方に数本太い根が張っている。根の部分掘って切ってみた。直径は7〜8pあるだろうか。これで、庭の養分も多少は回復するのでは無いかと期待している。
posted by はらっち at 15:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186972063
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック