2020年02月14日

ここにもコロナウイルスの影響

index_event032_pic01.jpg
  ” CP+2020より拝借 ”

 今日、メルマガで「CP+2020中止」の連絡が届いた。既に、ネットで入場券をGETしてあった。会場が「みなとみらい」で気になっていた。やはり主催者としてはリスクを犯したくなかったのだろうが、カメラ・写真関係者、企業の落胆は想像に難くない。
 「CP+」は、以前、「カメラショー」として日本橋高島屋の特設会場が始まりだった。それを皮切りに全国の主要百貨店で巡回開催されていた。今は、デジタルカメラの時代映像機器分野と区分が難しくなり、用品メーカーと合同開催になり名称も変わった。
 世界的には、ドイツケルンで開催される「フォトキナ」、アメリカラスベガスが主開催の「PMA]と3大カメラショーと云われている。最大規模は、フォトキナだろうか。1980年に初めて訪れた時、その規模の大きさに度肝を抜かれた。1〜2日では、回り切れなかったことが記憶にある。「CP+」は、全世界のカメラ開発、ブランドを保有する日本としては威厳を保ちたいところだろう。スマフォに押されてコンパクトカメラの生産・販売数も落ちている。日本のカメラメーカーの生産地は、中国を主に東南アジア国が殆どだ。この度のコロナウイルスが大きく影響してるようだ。早く収束して欲しいと願う。
posted by はらっち at 20:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187160195
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック