2020年02月20日

セツブンソウ(節分草)が咲く

DSC09299ac.jpg
  ” セツブンソウ(2月20日13時半 曇り)”

 庭に堆積し手つかずの落ち葉を片付け始めると、岩陰にセツブンソウ(節分草)が開花していた。花の大きさは1p位だ。数日前まで芽が出ないことに諦めかけていた。昨日、今日と日中の暖かさに急に眼を覚ましたらしい。でも、2輪と寂しい。毎年少なくなって行く花数、来年は、咲いてくれるのか心配だ。節分草の自生地は関東以西と云われているので、我が家のセツブンソウが北限では、という方もいる。
 節分草は、早春の節分の時期に開花することからそのような名前が付けられたという。石灰岩地を好むという。我が家の庭地も改良が必要なようだ。
posted by はらっち at 13:59| Comment(2) | TrackBack(0) |
この記事へのコメント
咲きましたね〜 「セツブンソウ」の生息地栃木県最北端はらっち邸で!! 春咲く可憐な妖精ですよね。
Posted by 那須美 at 2020年02月20日 22:42
那須美さん

咲きましたよ。でもこの記事を少し前に書いたような錯覚を。
1年は早いですね。我が家は、美術館散策コースの途中ですから
鑑賞地とした看板建てますかね。(笑い)
Posted by はらっち at 2020年02月21日 15:39
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187181553
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック