2020年03月16日

肘痛最後は医者頼み

GUM06_CL04126.jpg

 「テニス?ゴルフのし過ぎ?」と医者の第一声。肘痛が2カ月弱も回復せず、止む無く掛かり付け医者へ出掛けた。この時期、医者へ行くと今流行りの「新型コロナウイルス」をプレゼントされないとも限らないので敬遠していた。
 掛かりつけ医者は、8時半から受付、9時から診察開始だが、出来るだけ混雑待ち時間を避けたいと、一段落するであろう10時半に受付けると待たずに診察。「横になって1本打っておくね」「先生、麻薬ですか?」に先生爆笑。「今日は、安静、明日からストレッチだね」相変わらず豪快な外科系の医者だ。
 待合室は、30人くらい入るだろうか、外国人患者を除いて全員マスク着用、この時期当たり前の光景だろう。診察時間5分、湿布薬を頂き30分後にクリニックを後にする。これで回復すればゴルフ練習にも行けるのだが、期待しよう。
posted by はらっち at 20:49| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
ご無沙汰しております。同じところが夫も痛みがあるようですが加齢による神経痛と解釈して湿布薬でごまかしています。今コロナでヨーロッパも大変ですが2月11日から18日迄中央ヨーロッパに行ってきたんですよ。その頃はクルーズ船と武漢帰りの人のみの感染でした。孫と妹も一緒で無事に帰国しました。
Posted by ワッキー夫妻 at 2020年03月17日 10:41
ワッキーご夫妻へ

 ご無沙汰です。わお〜。滑り込みセーフでしたね。
中央ヨーロッパというと昔ご一緒したコースと同じでしょうか。2月ですと寒くはなかったですか。大人数で楽しそうですね。
肘痛、今日はブロック注射のお陰で痛みも和らぎましたが、2〜3日後がどうかですね。ストレッチが良いとか。指先を手前にそり曲げる方法です。やってみてくださいな。
Posted by はらっち at 2020年03月17日 16:12
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187279600
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック