2020年04月28日

軽トラは田舎暮らしの必需品?

th.jpg

 先日、風楽オーナーより「店の前の木を伐採したけど要りますか」と連絡を頂き二つ返事をした。お店は、「新型コロナ対策」で休業中。伐採する木々は、以前訪れた時に話を聞いていたが、実際に伐採した原木を目にすると思っていたより量が多い。軽トラを借りても良いかな、と思っていたが、愛車のヴェゼルの後部座席をたたみ、荷物室を広げた。CRVの時は、それなりに量が積めたのだが、流石に狭い。自宅を5回往復した。
 この時ばかりは、軽トラが欲しいと思った。田舎暮らしで、農業に嵌っている人、暖房を薪ストーブにしている人には、大いに利用価値がありそうだ。しかし、薪ストーブ用に使うには、それ程頻繁に利用する訳ではない。乗用車を利用するとSUVと云えども汚れることに変わりはない。あとの清掃が憂鬱だ。最近、500m離れた道の駅の前に、「ワンコインカーレンタル」を知った。これだけ近ければ、有難い。利用価値はありそうだ。
posted by はらっち at 18:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 那須の田舎暮らし情報
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187429392
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック