2020年05月28日

旬を過ぎた「ナスヒオウギアヤメ」

DSC07554c.jpg
  ” ナスヒオウギアヤメ(2019年5月31日)”

 花瓶に飾られたアヤメを見て、慌てて車を走らせた。「ナスヒオウギアヤメ」を見に。68号線沿いの一つ樅地区にあり、我が家から車で数分である。残念ながら、盛りを過ぎていた。昨年は、5月31日に訪れたが今年は、遅すぎたようだ。この「ナスヒオウギアヤメ(那須檜扇菖蒲)」は、昭和天皇が、昭和36年(1961年)6月7日に一つ樅地区で発見された変種のアヤメである。株が昭和天皇により皇居に持ち帰られて東御苑で栽培されていると聞く。今の群生地も後に保存会のメンバーにより丹精込めて復活させたものである。
posted by はらっち at 20:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 那須情報
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187537434
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック