2020年07月23日

「賢い消費者であれ」を痛感

コメント 2020-07-23 081834-1.jpg
   ” 購入したルーター(画像加工)”

 最近、立て続けに購入した商品のトラブルが続いている。最近では、無線ルーターだ。不具合が確認できたので、修理依頼をしようと試みた。購入間もないので「初期故障が早めに発見されて、これで長く使えるだろう」という判断である。保証書に記載のサポートセンターへ電話したが、繋がらない。大手家電メーカーのサポートセンターでは珍しいナビダイヤルだ。何か繋がる方法は無いだろうかと、会社名からHPのサポートページを検索をしてメールの問い合わせをしようとすると、「故障に関しては電話に限ります」とある。ましてや、修理依頼専用の窓口が有る訳ではない。止む無く、何回か電話に挑戦するも「繋がり難くなっています。このままお待ちいただくか、再度お掛け直しください」のアナウンスが流れる。その間ナビダイヤルの通話料は嵩んでゆく。繋がり難いのであれば、フリーダイヤルにすべきである。思わず、この家電メーカーの那須工場へ電話してやろうかとさえ頭をよぎる。
 この手のサポートセンターのシステムは、消費者問題が熱を帯びた時やり玉に挙がって、殆どの企業で改善が進んだ。この時の経済企画庁長官田中秀征氏が「企業に求めるばかりでなく自己防衛を含めて(賢い消費者であれ)」と啓発されたことを思い出した。商品を購入する時、ややもするとアフターサービスの重要度を忘れがちである。顧客情報を取りそこなった企業も不幸である。
 この怒りは、購入先のネット通販会社へネット上で連絡すると「交換します」と意図も簡単に対応された。これも購入価格に組み込まれたコストなのだろう。私の脳裏には、メーカー名が強くインプットされたことは無論である。
posted by はらっち at 09:19| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
今朝、一番乗りでハルシュタットの写真を拝見しました。

撮影日はやや薄曇りで時おり強い日が差すような一日でしたか。湖畔に町があるので、完全なる晴天に恵まれることは少ない土地ですよね。
あの風情ある景色を見事に切り取ってあり、素晴らしい写真でした。いつものことながら、構図の取り方にうならされます。
周囲の山々の緑のグラデーションと、湖水の紺を流し込んだような水の色とが対照的で、円を描いた航跡の向こうの家並みが輝いています。岩塩を展示している窓の、その窓枠の質感にまどわされ思わず触ってみましたが、本物の木と見まがうばかりでした。

マルクト広場の近くのガラス彫刻のお店で、試作したことを思い出します。訛りの強いドイツ語を話すご主人の、いかつく太い指が素早く動き、その先から思いもよらぬ模様が生まれるのを呆然と眺めていたわれわれ二人を見て、店主のお嬢さんが笑っていました。

くるるの展示の周囲には誰も居ず、独り占めして感嘆のため息をつき、コロナ禍の中、空から虹が落ちてきたような朝でした。
ありがとうございました。
Posted by なすやま at 2020年07月23日 14:38
なすやまさん

 写真展をご覧頂き、過分な評価、有難うございます。
ハルシュタット湖へお出掛けの経験お有でしたか。それでは懐かしく
ご覧頂けたかと思います。枚数が少ないですから、代表的な構図になりました。
是非、東岸から船で訪れてみたいと、2度目に実現しました。
もう一度、足を延ばしたいところでもあります。

Posted by はらっち at 2020年07月23日 19:19
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187724793
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック