2020年08月11日

ヤマシャクヤク変貌

page.jpg
 ” 上;ヤマシャクヤク開花 下;結実したヤマシャクヤク(8月11日)”

 西洋シャクヤクの豪華、華麗さと異なり、ヤマシャクヤクは、花は一重で可憐な装いをしている。しかし、結実すると、ベニバナヤマシャクヤクは、赤と黒の実を付けて花の美しさkら変貌する。白花のヤマシャクヤクは、花はクリーム色だが、こちらも結実すると真っ赤な実を付ける。この変わり身には驚かされる。
 ベニバナヤマシャクヤクは2〜3回トライしたが、翌年は何とかご祝儀程度に花を付けてくれたが、3年目には姿を見せず諦めて、今では白花のヤマシャクヤクを鉢で育てている。しかし、これも心もとない。今年は、長梅雨だったので、例年とは違うかもしれない。来年は、どのような姿を見せてくれるか、楽しみより不安の方が大きい。
posted by はらっち at 19:42| Comment(0) | TrackBack(0) |
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187795729
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック