2020年11月12日

庭を彩るドウダンツツジ

DSC00950c.jpg
  ” 玄関脇のドウダンツツジ(11月11日曇り)”

 今朝は、今シーズンの最低気温だ。霜が降り汲んであったバケツの水が凍っていた。寒いはずである。庭の木々も葉を落として寒々しい姿になってきたが、ドウダンツツジだけは最後の艶姿を見せている。我が家には10本有るのだが、植え付けた時期が一緒なのに育ち方が大きく異なる。水、土壌、肥料等の条件と遺伝性があると専門家は言う。既に剪定の時期に入っているのだが、艶姿を見せる時期が終わってからと伸ばしている。この燃えるような赤色は、冷え込んだ日には捨て難い。
posted by はらっち at 18:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/188118457
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック