2021年03月09日

春の兆しシャクヤクの芽

page.jpg
" 上:シャクヤク 下;白花ヤマシャクヤク(3月9日16時頃)”

 今朝、霜が降りていた。天気予報では暖かくなるというが、首を傾げたくなるような陽気だった。日中は、確かに気温は上昇したが、那須連山から吹き下ろす風は冷たい。夕刻から薪ストーブを焚いてしまった。そのような冬の陽気が漂う中で、確かに春の訪れがやって来ているようだ。庭の木々が芽吹きを準備をしている。草花達も霜柱が断つ凍えそうな土壌から芽を出し始めている。最も気にしているのは、白花ヤマシャクヤクが芽を出してくれるかなのだが、地植えせずに鉢物で過ごさせているのが良いのか、大きな芽を二つ見せている。これから、日々成長を見るのが楽しみになってきた。那須連山の冠雪が消えるまで、吹き下ろしの冷たい風と付き合わなければならないようだ。
posted by はらっち at 19:53| Comment(0) | TrackBack(0) |
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/188473768
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック